スカーフの巻き方3選

エレガントスタイルの代名詞だったようなスカーフが、カジュアルに取り入れやすくなった今シーズン。特に小ぶりのシルクスカーフならネックレス感覚で使え、簡単に取り外しできて体温調節にも便利です。

カジュアル派の私もスカーフ初心者。買ってはみたもののつけるのにそこそこ勇気が要ります…。

そこで、初心者の目線からスカーフのおすすめの巻き方を3つ選んでみました!気軽に取り入れられる巻き方を選んだと思います。ぜひチャレンジしてみてください!

(1)小さくキュッと
スカーフの巻き方

クルーネックやハイネックの首元にキュッと。結び目はトップスの中に入れてしまってもOKです。四角いスカーフを三角に折り、そこから細く畳んでいきます。3~4cmほどの幅になったら、前から後ろへ。後ろで交差して前に結び目を作ります。

スカーフの見える分量が少ない分、私はこれが一番抵抗がないです。Tシャツやカジュアルなニットにも合うので、カジュアル派の方に◎。また、シャツに合わせるならこの巻き方がおすすめ!コンサバになりすぎません。

上の写真は巻く際にねじっていますが、下のようにねじらず巻くときちんと目に♪

スカーフの巻き方

 

(2)リボン結びをして垂らす
スカーフの巻き方

見える分量が増える分、難易度がやや上がります。ですが華やかさもUP!大ぶりロングネックレスを付ける感覚でどうでしょうか。Tシャツやニットなどカジュアルなトップスに合わせるのが今っぽいです。

後ろから前へ持ってきて結ぶだけ。結び目を下げすぎないようにするとバランスが取れます。ノット(結び目)が表で平らになるときれいです!

スカーフの巻き方

 

(3)輪っかにしてそのままかける
スカーフの巻き方

まず、三角に折ります。その状態で端と端を小さく結びます。
そうしましたら結び目を後ろにして首にかけるだけです。

スカーフの巻き方

シルク特有のドレープ感が一番楽しめる結び方ですね。あまり細かいことを気にせずに、自然に生まれたドレープを活かすのがよいでしょう。

また、この巻き方はカジュアルスタイルよりもコンサバ~エレガントスタイルに合うように思います。通勤着にぜひ取り入れてみてください。無地ブラウス、ジャケットの首元にも映えますよ。

 

以上3選でした!いかがでしょうか?

最初取り入れるまではハードル高めのスカーフですが、一度使ってしまえば慣れますし、何より可愛い!そして小さいのに温かいのもポイント高いです。使わないときはバッグに結んでおけばOK♪

トレンドになっている今シーズンは特に取り入れやすいと思います。ぜひチャレンジしてみてください!

 

★今回使用したスカーフはHURRI CURRI(ハリクリ)のものです。

HURRI CURRI HP

 

タイトルとURLをコピーしました